現場の仕事お見せしますpart2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

From:横関弦

築20年になる中古物件を買われた施主様。
もともと、別荘として使われていた物件だったため、
それほど使用感はありません。

それでも水回り設備を交換したり、
無垢の床板張り直したりのリフォーム工事を行なっています。

使用感ないといってもそこは築20年。
いざ床板剥がしたり設備を解体してみると…

リフォーム工事には予期せぬ事態はつきものです。
その事態にどれだけ対処できるのか。
そこが私たちに求められている経験ではないでしょうか。

クロス張替えたりトイレを入れ替えるだけのリフォームでは、
それほど経験は必要ありません。

今回のような解体が絡むようなリフォームでは、
どうしても施工管理や木工事の経験が必要になってきます。

現場では大工さんが苦労していました。
【現場の仕事お見せしますpart2】
ご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*