坪単価にかくされた秘密

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

坪単価にかくされた秘密

家を建てるとき、
ハウスメーカーや工務店を比較する場合に
参考にするものは何でしょうか?

メーカーの信用度?
それとも家づくりに対する姿勢?

多くの人はやはり「坪単価」を気にされませんか?
私も見学会などではよく聞かれます。

しかし、この坪単価ってかなりいいかげんなんですよ。
そもそも坪単価の求め方ってメーカーそれぞれ違いますから。

先日、あるメーカーさんの見積書を見る機会がありました。
そこに書かれていた坪単価に思わず、
「えっ?」
と驚いてしまったほどです。

この出来事をとおして気付いたことをご紹介します。

坪単価って実際なんなの?

知人が家を建てるというので話を聞きに行った時のこと。
この地域では名の通ったハウスメーカーに見積もりをもらい、
その見積書の意見を聞かせてほしいとのこと。

実際に、他の会社の見積書を見る機会なんてあまりありません。
始めは「どんな感じの見積書かな~」
なんて軽い気持ちだったのですが…

坪単価がいくらって書いてあるその下に、
オプション工事費、付帯工事費、経費、消費税と続いています。

それだけのものが坪単価には含まれていないということです。
この方法だと坪単価は確かに安くなりますよね。
このメーカーに「坪単価は?」と聞くと、
オプション工事費などが含まれない、
安く見せられた坪単価を伝えられるはずです。

私は今まで坪単価を聞かれて、
消費税込の総工費を坪数で割っただけの坪単価を
正直に話していましたが…

当然、総工費から出した坪単価の方が高くなりますよね。
このメーカーの総工費からの坪単価は、
基本坪単価よりも15万円もアップしていました。

これは分かりにくいわ。
私はそう思いました。

坪単価はあてにならない

このように、坪単価の求め方は会社によって違います。
私たちは総工費から、
ある会社はオプション工事費別、
またある会社は屋外給排水・電気工事費は別、
なんてこともあります。

これでは坪単価ってあてになりませんよね。
同じ条件で出された坪単価ではないのですから。

私は最近では、見学会で坪単価を聞かれたときに、
「坪単価は出していませんが、総工費はいくらです」
とお話ししています。

安く見せようと、
坪単価を調整することもできますが、
そういうことはしません。

かしこい質問の仕方

気になることは予算内で家が建てられることですよね。
でも坪単価で会社を選んでしまうと、
あとで総工費を聞いてびっくりしてしまうことも。

次に住宅展示場や見学会に行ったときには、
ぜひ以下の点を聞いてみてください。

・坪単価に含まれていない工事は何か?
・その含まれていない工事費のおおよその金額は?

正直に答えてくれる会社は信用できると思いますし、
あいまいに答える会社はちょっと考えてみてください。

あなたが家づくりで後悔しませんように。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家族がいつまでも幸せにすごせる家づくりの秘訣

家族がいつまでも幸せにすごせる家づくりの秘訣


家づくりをお考えの皆さまに質問です。
「どうして家を建てようと思ったのですか?」

・今のアパートが手狭になってきたから
・自宅が古くなってきたので建て替えを考えた
・家賃並みの返済額で家が建てられることを知ったから

家を建てようと思ったきっかけは人それぞれだと思います。
でも、家を建てる願いは皆さんいっしょのはず。

「家族が幸せになりたい」

幸せづくりを応援します。


はじめまして、明王建設の横関弦です。
私たちは富士宮市で皆さまの幸せづくりにたずさわる会社です。

家族が幸せになるために家づくりで必要なこと。
それは、「家族の健康をまもり、永く住み続けることができること」
私たちはそう考えます。

家づくりの秘訣はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*