家族がいつまでも
幸せにすごせる
家づくりの秘訣

家づくりをお考えの皆さまに質問です。
「どうして家を建てようと思ったのですか?」

・今のアパートが手狭になってきたから
・自宅が古くなってきたので建て替えを考えた
・家賃並みの返済額で家が建てられることを知ったから

家を建てようと思ったきっかけは人それぞれだと思います。
でも、家を建てる願いは皆さんいっしょのはず。

「家族が幸せになりたい」

幸せづくりを応援します。

はじめまして、明王建設の横関弦です。
私たちは富士宮市で皆さまの幸せづくりにたずさわる会社です。

家族が幸せになるために家づくりで必要なこと。
それは、「家族の健康をまもり、永く住み続けることができること」
私たちはそう考えます。

家族の健康をまもるために、

フローリングや壁紙などの新建材をつかわずに、
昔ながらの無垢の床板や自然素材の塗壁をつかって、
部屋の空気をきれいにします。

〝人生の1/3は家で過ごす〟
と言われるように、部屋の中の空気はとても大切です。

永く住み続けるために、

家はとても過酷な環境のなかで建っています。
大雨、台風、地震などなど。
そんな環境でも負けない家が必要です。

なかでも地震に負けない家づくりがとても大事です。
しかも、何度でも大きな地震に耐えられる家づくり
家族の幸せづくりには欠かせません。

どんとパネル工法の家

私たちがつくる〝どんとパネル工法の家〟は、
自然素材をたっぷりつかって、
大きな地震でも家族をまもる、
そんな夢のような家です。

・アレルギーの心配のない室内環境で過ごせる。
・大きな地震の後も住み続けることができる。

この工法はあなたの未来をまもります

無垢材のみの工法だから

昨今の家づくり、
それは構造用合板ぬきでは考えられません。
家が地震の揺れで動かないように、がちがちに固めてしまうのです。

がちがちに固めることで、
大きな揺れにある程度持ちこたえて逃げる時間を確保する。
それが国の考え方でもあります。

ただ、ある程度は持ちこたえることができますが、
地震の強さに負けて構造用合板を柱に止めている釘が抜けてしまったり、
柱が構造用合板の強さに負けて折れてしまった例もあります。

これでは、一回の大地震に耐えることができても、
次の大地震に耐えることができません。

そんな弱点を克服するために考え出された工法が、
〝どんとパネル工法〟なのです。

どんとパネルは無垢材のみでつくられています。
無垢材が伸びちじみすることで地震の揺れを吸収し、
なおかつ柱や桁にも負担をかけません。

これは、長崎県の実験施設でどんとパネルの強度実験をした時の画像です。
震度7程度の地震では、住宅の二階部分は20cmも揺れることがあります。
どんとパネルは20cmずらしても釘が抜けることはありませんでした。

耐力壁として一般的に使用されている構造用合板でも実験してみました。
20cmずらした段階で完全に躯体から離れてしまいました。

どうですか?
昨今で一般的に建てられている家は、
ほぼ合板や耐力ボードを張り付けて建てられています。
しかも耐震構造だから安心などという売り文句をつけられて・・・

とても〝永く住み続けることができる家〟とは言えません。

見学会にお越しください。

10月27日・28日に、
私たちがつくった「どんとパネル工法の家」の見学会を予定しています。

・一歩家の中に足を踏み入れた時の木の香り。
・木の色と塗壁の白色、ナチュラルカラーで落ち着く室内。
・大きな吹き抜けと日当たり・風通しのよい間取り計画。
・窓を開ければまるで一部屋、インナーデッキ。

まだまだ見所はございますが、
とても文章ではお伝えできそうにありません。

お越しいただければ、
家族がいつまでも幸せにすごせる家づくりを
ご理解いただけるはずです。

しつこい営業はいたしません。

お越しいただいても、その後のしつこい営業はいたしません。
しつこい営業は嫌いですし、私自身がつがつした性格ではありませんから。

まずはご予約下さい。

ゆっくりとご覧になっていただきたいから、
完全ご予約制にいたしました。

下記のご予約フォームからご予約下さい。
見学会会場は白糸小学校の近くです。
案内図はご入力いただいたメールアドレスあてにお送りいたします。

必須お名前

必須メールアドレス

必須ご希望の日時をお教えください。

幸せの家づくりを

「家を建てて家族が幸せになりたい」
そんな願いを皆さんもっているのではないでしょうか。

私たちはそんな皆さまの幸せづくりに、
すこしでも役立ちたいと考えています。

そして、いつまでも家族の健康をまもり、
永く住まい続けることができる家を一棟でも増やしていきたい。
そう願っています。

P.S.
どんとパネル工法は、一般的な工法の家に比べて建築費は高いです。
それでも一棟で30万円ほど。
それだけで、地震に負けない家になり、
地震後の修繕も必要最小限になります。

地震後の修繕の場合、
外壁を直すために足場を架けるだけで30万円はかかるでしょう。
(ex.建坪20坪・総二階延床面積40坪の家)

この比較、どう考えるかはあなた次第です。

P.P.S
ご予約いただいた方全員に、
私が丹精込めて作った「白糸コシヒカリ2kg」をプレゼントいたします。

米作りは、収穫の喜びだけでなく自然の厳しさなど、
私に大切なことを教えてくれます。